合田瓦葺店は、貝塚市を中心に大阪府全域、そして近畿一円で活躍する屋根修理・雨漏り修理の職人直営店です。
これまで、屋根のことならどこにも負けない、どこよりも丁寧で確実な施工を行なってきたと自負しております。
そしてこれからも、『お客様のご希望・ご要望』の優先し、本当の意味で皆様のご期待に応える高品質・適正価格な屋根工事をお約束します。

  1. ホーム
  2.  ≫ 合田瓦葺店から皆様へ

合田瓦葺店から皆様へ

初めて屋根修理や雨漏り修理、屋根リフォームを検討される方に多いお悩みは、
「たくさんの業者の中から、どの業者を選べば良いのかわからない」
ではないでしょうか?
屋根修理や雨漏り修理、屋根リフォームは決して頻繁に行う工事ではないので、わからなくても当然です。

合田瓦葺店は、何よりも『お客様のご希望・ご要望』を最優先に、職人の押し付けではない、本当の意味で皆様のご希望・ご要望に応える高品質・適正価格な屋根工事を提供しております。
しかし、弊社の自慢や技術についてお話しするより、まずは屋根修理業者選びで知っておいていただきたいポイントをお伝えする方が、皆様の安心に繋がるのではないかと思います。
ここでは、大阪で屋根修理業者を選ぶ際にぜひとも知っておいてほしい『屋根修理業者を選ぶ際の知識・ポイント』をお伝えします。

屋根工事の工事金額について

屋根工事の工事金額について

「料金一覧」ページでもお伝えしているように、屋根工事の金額は、屋根の状態・施工面積・屋根の勾配・新たに使用する屋根材など、様々な要素が重なり合って決定します。
しかし、それ以外にも工事金額を決定する大きな要因があります。
それは、「依頼する業者の業態」です。

屋根工事を扱う業者の業態には、大きく分けると次の6つの業態に分類されます。

1. CMや広告でよく見かける有名な大手ハウスメーカー
2. CMや広告で目にすることのある大手屋根修理業者
3. 飛び込み営業・訪問営業を行う小〜中規模の屋根修理業者
4. ホームセンター・リフォームなども取り扱う量販店
5. 街の工務店
6. 職人直営店

これら全ての業者が、CMや広告、飛び込み営業や訪問営業、口コミや紹介など様々な媒体を通じて皆様から依頼を受けている訳です。
では業態が違えばどう違ってくるのか、具体的にご説明します。

屋根修理や雨漏り修理、屋根リフォームは、大きく分けると次の2つの項目で金額を算出します。

・屋根材の費用や足場代、その他工事に必要な材料費など、工事に関わる材料費
・施工を行う職人の人件費

これらは上記の1〜6全ての業者に必ず発生する、直接工事に関わる最低限の必要経費です。
逆に言うと、本来であればこれだけあれば工事は可能なのです。

一方で、直接工事には関係のない費用というものが存在します。
それは以下のような項目です。

・CMや広告を出す際に発生する宣伝広告費
・飛び込み営業や訪問営業を行う営業マンの営業経費
・営業マンが仕事を受注した際に支払われる成果報酬

これらは1〜3の大手業者、飛び込み営業・訪問営業を行う屋根修理業者に発生する費用です。
もちろん見積もりに「営業費用」といった項目で記載されることはありません。
皆様にわからないように人件費や材料費に上乗せされています

これ以外にも直接工事には関係のない費用は存在します。

・元請けから下請け業者に仕事を流す際に発生する中間マージン

これは1〜5の業者に発生します。
皆様がCMや広告で見かけるような大手メーカーに依頼した場合も、自社では施工をせず必ず下請け業者に仕事を丸投げします
というより、1〜3は知名度や営業によって仕事を受注することに力を入れている業態になります。
そのため、自社にいるのは営業マンや事務員のみで、職人という人材自体が在籍していないのです。
「〇〇っていう有名メーカーだから依頼したのに、違う業者が施工するんじゃ意味が無い!」
と思われるかもしれませんが、まさにその通りです。

また4と5の業者については、自社で作業員が間に合う場合、もしくは施工可能な範囲内については自社対応する場合もあります。
しかし、自社の作業員だけでは依頼が追いつかない、自社の得意分野ではない、といった場合には下請け業者に丸投げする場合もあります。
そのため、必ず中間マージンが発生する訳ではなく、発生する場合もあると言った方が正しいです。

1〜6の中で、直接工事には関係のない費用が発生しないのは、6の『職人直営店』ただ一つです。
ちなみに『職人直営店』とは、CMや広告を出したり営業活動を行なったりを一切せず、地元での紹介や口コミ・評判で依頼を受注している業態です。
そして、下請け業者を一切使わず、全ての現場を自社職人のみで現地調査から施工、アフターフォローまで行うという特徴を持っています。

こうしてご覧いただければ、直接工事には関係のない費用を抑え、適正価格で屋根工事を行うには『職人直営店』が一番だということがお分かりいただけると思います。
皆様からお預かりする大切な工事代金、それを適正に正しく、本当に必要な工事費用に充てることができるのは『職人直営店』だけなのです。

そしてもちろん、合田瓦葺店は『職人直営店』です。

悪徳屋根修理業者の手口について

悪徳屋根修理業者の手口について

私自身が身を置く業界だからこそ余計に残念ですが、屋根修理業界には悪徳業者が多数存在します。
それは、

・屋根は普段皆様がじっくり見ることはない or 見れない
・屋根材・屋根の構造など、屋根について詳しい方が少ない

この2つの理由が挙げられます。
そんな一般の方からすれば馴染みの無い屋根だからこそ、悪徳業者はあの手この手で皆様を騙そうと甘い言葉を投げかけてきます。
悪徳業者には定番となるセールストークがいくつかあります。
順にご紹介するので、これらのセールストークをしてくる屋根修理業者には注意してください。

「外から見させてもらったんですが、屋根が痛んでます!このままだと雨漏りしますよ!」

飛び込み営業や訪問営業を行う悪徳業者の常套句です。
これは、ハッキリ言って脅しです。

屋根診断・雨漏り診断は施工に慣れた職人が実際に屋根に登り、屋根の近くから目視で確認します。
また、ホースで水を流し、水がどう流れるのか、どこで詰まっているのかなど散水調査も行います。
これは熟練の職人でないと見極めが難しい作業なのです。
さらに、不具合の原因箇所は複数にわたっている場合もあり、施工の際に屋根材を外してみて初めてわかったというケースすらあるのです。

そんな難しい作業を、どうして実際に施工もしたことのない営業マンが、屋根に登らず下から見た程度でわかるのでしょうか?
つまり、症状を必要以上に悪く言うことで不安を煽り、皆様が契約を焦るように仕向けているのです。

瓦がズレている場合は下から見るだけでわかることもありますが、ズレ程度ではすぐに雨漏りなど起こったりしません。
また、仮に不具合が起こっている場合でも、屋根材の下の防水シートが大丈夫ならすぐに雨漏りが起こることもありません。

いずれの場合でも、急に飛び込み営業や訪問営業でやって来たような業者と焦って契約を結ぶ必要など無いということです。
ご自身でじっくりと屋根修理業者を選ぶくらいの余裕はありますので、見ず知らずの業者と焦って契約を結ばないようにしてください。

「今このあたりを無料屋根診断でまわってるんですが、屋根に登らせてもらっていいですか?」

これも、飛び込み営業や訪問営業での常套句です。
無料と聞くと「だったらお願いしようかな」と思われるかもしれません。
しかし、業者の立場になって考えてみてください。
頼まれてもいない屋根診断を、しかも無料で行うことに何のメリットがあるのでしょうか?

「無料屋根診断」、これはあくまでも悪徳業者が皆様の屋根に登るための口実です。
理由はなんであれ屋根に登ってしまえば、下にいる皆様からは見えない死角が生まれます。
そこでこっそりと営業マン自身が屋根材を割り、破損個所を写真に収めます。
そして屋根から降りて来て皆様に、「ほら見てください、ここが割れてましたよ!修理した方が良いですね!」と営業を始める訳です。
まさに犯罪まがいの行為と言えるでしょう。

ご自身も一緒に屋根に登れると良いですが、高所のためそう簡単にはいきませんし、どうしても屋根は死角が生まれやすく悪徳業者がやりたい放題できてしまう状況になります。
「無料」という言葉に騙されず、頼んでもいないような営業マンを不用意に屋根に登らせるようなことはしないようにしてください

「今なら〇〇キャンペーンで大幅値下げして施工できます!」

この〇〇には様々なそれらしい理由が入ります。
周年キャンペーン、このエリアに店舗ができた、新商品のモデルハウスとして、などです。

どんな理由であっても、通常ではあり得ない数十万円単位の値引きをしてくる業者には注意が必要です。
あり得ない値引きをしてくる場合、考えられるケースは2つです。

1つは、最初に見せる見積もりが相場よりはるかに高額で、そこから数十万値引きしてやっと相場程度の金額になるケースです。
実際には値引きでもなんでもない、ただの詐欺まがいの行為です。
そもそも最初から嘘をついてくるような業者など、契約を結ぶに値しないと言えるでしょう。

もう1つは、手抜き工事を前提とした大幅値引きです。
例えば、適正な工事価格が80万円だとして、相場の1〜2割程度、約10万円程度の値引きなら企業努力、もしくは「見積もりのここは〇〇になってますが、〇〇にすることでその分値引きします」といった代替案でなんとかなるかもしれません。
しかし、いきなり30万円以上の値引きなど絶対にあり得ません。
それが上記のような周年キャンペーン、このエリアに店舗ができた、新商品のモデルハウスとしてなど、不明瞭な理由なら尚更です。
手抜き工事を行い、材料費・人件費を浮かせるしか方法が無いからです。

通常ではあり得ない値引きをしてくる業者は嘘をついているか、手抜き工事をされる恐れがあるので注意してください。

「火災保険を使って屋根修理を0円で」と謳う屋根修理業者に注意

「火災保険を使って屋根修理を0円で」と謳う屋根修理業者に注意

皆様はネットや広告・チラシなどで、「火災保険を使って屋根修理を0円で」という謳い文句を目にしたことはありませんか?
これは、要は皆様がご加入されている火災保険の「風災」を使って屋根修理を実質0円で行おうというものになります。

屋根修理・雨漏り修理をするにあたり、「火災保険が適用されるかどうか」は非常に重要なポイントとなります。
合田瓦葺店でも皆様のご負担を軽減するためにも、加入されているのであれば火災保険の活用をおすすめしています。
しかし、火災保険の使用をおすすめはしますが、「必ず無料になる」とはお伝えしていません
それには理由があります。

屋根修理・雨漏り修理で火災保険を使用する際に注意すべき点は、
『保険がおりるかどうかは、保険会社・第三者機関が「風災」と認定するかどうか』
が重要となるからです。

ちなみに「風災」とは、台風・突風・竜巻・暴風などによる被害、つまり自然災害を指します。
つまり、経年劣化で屋根修理・雨漏り修理を行う際には、火災保険は適用されないということです。

火災保険の申請を行うと、まずは保険会社に委任された第三者機関の調査員が実際に屋根を確認するためにやって来ます。
そして実際に屋根を確認・調査し、その結果を保険会社に報告し、保険会社にて協議された結果として保険が適用されるかどうか決定します。
逆に言うと、屋根修理業者が勝手に、しかも屋根の状態を見てもいない段階から「火災保険を使って屋根修理を0円で」などと言える理由など無いのです。

さらに、実際に台風や強風の影響で屋根に不具合が起こったとしても、被害が少ないから放置してしまったとします。
その場合、すぐに申請していれば保険がおりた可能性が高いにも関わらず、放置してしまったために「経年劣化による破損」と判断されてしまい、保険がおりなかったというケースもあります。

このように保険が適用されるかどうかは保険会社・第三者機関がどう判断するかに委ねられている部分が大半です。
つまり、屋根修理業者が「絶対に保険がおりる」「必ず適用される」などと断言できる根拠などどこにも無いということです。

仮にこのような「火災保険を使って屋根修理を0円で」と謳う屋根修理業者に屋根修理・雨漏り修理を依頼したとして、本当に申請が通ればむしろラッキーなのです。
保険がおりない場合があることを業者は知っているので、契約を結べば急いで着工しようとします。
そして、保険がおりなかったとしても、「保険がおりなくて残念です、しかし工事はもう始まっているので代金の支払いをお願いします」とシラを切るのです。
皆様は「火災保険を使って屋根修理を0円で」という言葉を信じて契約をしたにも関わらずです。

このように、「火災保険を使って屋根修理を0円で」と謳う屋根修理業者にとっては実際に保険がおりてもおりなくてもどちらでも構わないのです。
ただ単に「無料」という甘い言葉を使うことで皆様との契約を結ぼうとしているだけなのです。

屋根修理業者が勝手に言っている「絶対に!」「必ず!」という言葉を安易に信用してはいけません
そして、最初から火災保険の使用を前提とした「無料」を謳う屋根修理業者に依頼をしてはいけません
もしそのような業者と契約してしまった場合は、保険の適用が確認できるまで絶対に着工させてはいけません

以下に大阪で火災保険を提供されている各機関のホームページをご案内します。
ご自身でも一度目を通していただき、悪徳屋根修理業者の甘い言葉に騙されないようにしてください。

大阪府民共済 新型火災共済
https://www.osaka-kyosai.or.jp/product/fire/security02.html
床上浸水・風水害による10万を超える損害を被った場合は見舞共済金の対象:
暴風雨・旋風・突風・台風・高潮・高波・洪水・なが雨・豪雨・雪崩・降雪・降ひょう

大阪市民共済 自然災害補償付き火災保険
http://www.osaka-shiminkyosai.or.jp/syohin/shizensaigai.html