泉佐野市羽倉崎にて新築屋根工事

泉佐野市羽倉崎にて新築屋根工事

先日、泉佐野市羽倉崎にておこなった新築屋根工事の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

屋根下地の上からルーフィングを敷いていきます。。

ルーフィング(防水シート)は屋根材の下に敷かれているため、普段皆様が目にすることは無いと思います。
しかし、このルーフィングは屋根材と同様に重要な防水の役割を持っているのです。

雨水が屋根に降り注いだ時、まず屋根表面の屋根材(瓦やスレートなど)が雨水を受け止め、傾斜によって雨樋に水を流し、地上へと排水するという流れになっています。
ところが、屋根材だけですべての雨水を受け止めることはできず、屋根材の隙間から屋根内部へと雨水は侵入します。
そこで内部へ入ってきた雨水を受け止めるのがこのルーフィングなのです。
屋根材が一次防水、ルーフィングが二次防水として、二段構えで屋根は雨から建物を守っている訳ですね。

そのルーフィングに張り漏れや施工ミスがあっては、屋根から侵入した雨水が容易に建物内部へ達してしまい、雨漏りが起こってしまいます(今回は上葺き工事ですので、ルーフィングの下には既存の屋根材・ルーフィングが張ってる状態ですが)。
防水という観点から非常に重要な施工ですので確実に、丁寧に施工を進めます。

続いて、屋根材本体を葺いていきます。

 

引き続き、作業の様子をお届けいたします。