岬町淡輪にて瓦屋根からスレート屋根葺き替え工事

岬町淡輪にて瓦屋根からスレート屋根葺き替え工事

先日、岬町淡輪にて行った葺き替え工事の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

今回葺き替えを行うのは瓦屋根のお家です。

まずは既存の瓦を撤去し、屋根を平な状態にしていきます。

続いて、撤去した屋根の上から下地板を設置していきます。

続いて、下地板の上から防水シートを貼っていきます。

防水シートは、基本的に屋根工事の時にのみ姿を表すものなので目立つ存在ではありませんが、雨水の侵入を防ぐという大きな役割を持っている大事な存在です。

ですので、隙間無く丁寧に貼り詰めていきます。

 

続いて新しい屋根材を設置していきます。

使用した瓦は富士スレートドリーム30で、ハイブリッド瓦と呼ばれている屋根材です。

昨今では、地震などの災害に備え重量のある粘土瓦を使用することに抵抗を持たれる方も増えました。

そこで、「瓦」の持つ意匠性・装飾性を残しつつ軽量化された

ハイブリッド瓦が近年注目されるようになったというわけです。

 

これから南海トラフ地震や首都直下地震が来ると懸念されていますよね。

少しでも被害を最小限に抑えるために、お住いの屋根を「ハイブリッド瓦」に変えてみてはいかがでしょうか?

 

引き続き、作業の様子をお届けいたします。