堺市石津にて軒先ズレ直し工事

堺市石津にて軒先ズレ直し工事

先日、堺市石津にて行った軒先のズレ直し工事の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

棟とは、屋根の面と面が重なる頂点の部分を指します。そこに施工されている瓦が棟瓦です。

瓦屋根の点検する際はこの棟瓦の歪みがないか、しっかりとまっすぐになっているかどうかを確認する必要があります。ご自宅の2階から1階の屋根が見える場合はご自身でも棟瓦を確認することができます。

少しでも歪んでいた場合、注意が必要です。少し歪んでいるだけなら問題ないだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、少しの歪みから徐々に歪みが大きくなり最後は崩れてしまう可能性があるのです。

また、棟の歪みを放置してしまうと強風や地震時に棟瓦が崩れてしまい屋根の他の部分や1階の屋根にも悪影響を与えてしまいます。

雨漏りなどの大きな被害につなげないために、定期的な点検・メンテナンスを行うことをおすすめいたします。

 

この度は合田瓦葺店をご用命いただき誠にありがとうございました。

大阪で屋根修理・雨漏り修理をお考えの方は、ぜひ職人直営の合田瓦葺店にご相談ください!