岬町淡輪にて屋根カバー工法

岬町淡輪にて屋根カバー工法

先日、岬町淡輪にて行った屋根カバー工法の様子をお届けいたします。

今回の施工は、カラーベスト屋根の上からアスファルトシングルを設置するカバー工法を行いました。

 

<施工の様子>

まず、既存の屋根材の上からルーフィングを敷いていきます。

ルーフィングは、屋根材の下から雨水の侵入を防ぐ二次防水的な役割を持っています。

基本的に屋根工事の時にのみ姿を表すものなので目立つ存在ではありませんが、

水が一番の天敵である屋根にとってはとても大事な存在ですので、隙間無く丁寧に貼り詰めていきます。

ルーフィングが敷き終わりましたら、新しい屋根材のアスファルトシングルを

上から設置して、施工完了です。

今回行った屋根カバー工法ですが、メリットとして

・撤去費用・廃材処分費用がかからず、リフォーム費用を抑えられる

・屋根の断熱性・防音性・防水性が高まる

・アスベストの飛散リスクが低い

・リフォーム工事期間が短く済む

といったことが挙げられます。

短期間で安く、かつ防水性などの機能を向上させたい方にはおすすめの施工方法と言えますね。

 

この度は、合田瓦葺店を御用命いただき誠にありがとうございました!

大阪での屋根修理・雨漏り修理は合田瓦葺店にお任せください!