熊取町成合にて下り棟積み替え

熊取町成合にて下り棟積み替え

先日、熊取町成合にて行った下り棟積み替え工事の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

 

下り棟とは、屋根頂上の主棟からまっすぐ下に降りている棟のことです。

棟部分は、丸瓦の下に積まれているのし瓦がズレたり崩れたりするほか、

今回のような下り棟の場合には大棟との結合部の漆喰劣化で隙間ができてしまう場合があります。

このような状態は放置しておくと雨漏りにつながってしまいます。

雨漏りの場合は屋根の内部を取り替える葺き替え工事が必要になる場合もあるため、

高額な費用がかかってしまうことも。そのため、こまめなメンテナンスを行うことが

出費を抑えながらお家を守る一番良い手段というわけです。

 

築年数、または前回のメンテナンスから20年以上が経過している瓦屋根のお家にお住まいでしたら、

ぜひメンテナンスをご検討されることをおすすめいたします。

 

この度は合田瓦葺店をご用命いただき誠にありがとうございました。

大阪で屋根修理・雨漏り修理をお考えの方は、ぜひ職人直営の合田瓦葺店にご相談ください!