岬町淡輪にて屋根漆喰部分修理

岬町淡輪にて屋根漆喰部分修理

先日、岬町淡輪にて行った瓦屋根の漆喰部分修理の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

漆喰は年数が経つと本来の調湿機能が劣り、中に湿気が溜まってしまって

内部にカビが発生してしまったり泥状のものが出てきます。

そうすると、雨が降った際には漆喰が水を吸い込み、劣化が進んで

割れや剥がれが拡がるという悪循環に陥り、次第に耐候性や調湿性が落ちてしまいます。

更に棟部分の瓦もズレてしまうことで、ズレた箇所や劣化した漆喰から

雨水が侵入し、雨漏りを引き起こす原因になってしまうのです。

 

この状態の漆喰を気づかず放置し続けると、屋根の下地にまで腐食が広がり、

最終的には屋根自体の交換が必要になるため、高額な工事費用が発生してしまいます。

そうなるまえに、早めのメンテナンスを行うことを強くお勧めいたします!

 

この度は合田瓦葺店をご用命いただき誠にありがとうございました!

大阪の屋根修理・雨漏り修理は合田瓦葺店にお任せください!