岬町淡輪にて瓦めくり

岬町淡輪にて瓦めくり

先日、岬町淡輪にて行った瓦めくりの様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

瓦をめくると土がたくさん出てきます。

昭和20年より前に建てられた木造住宅の瓦屋根は、こういった土を使って屋根を葺く

土葺き工法が採用されていることが多いのです。

現在は耐震性への懸念から土葺き工法は行われていませんが、

過去に地震の影響や被害が少ない地域では今も土葺き屋根の住宅が残っています。

土を撤去すると既存の下地板が出てきます。

その上から、新しく下地板を施工しました。

 

引き続き、作業の様子をお届けいたします。