和歌山県有田町にて屋根補強作業

和歌山県有田町にて屋根補強作業

先日、和歌山県有田町にておこなった屋根の補強作業の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

軒先、及び桟瓦ビス打ち補強を行いました。

瓦屋根は耐用年数の長さが特徴ですが、当然経年劣化や自然災害などで傷みますので、

定期的なメンテナンスが必要になります。

瓦屋根の補修が必要な場合として、瓦のひび割れや破損、漆喰の経年劣化などがあげられます。

瓦は、石灰が主な成分となる粘土上の材料である漆喰を使って固定されることが多いですが、

この漆喰は10年程でひび割れや崩れが発生することがあります。

漆喰は、瓦と瓦の隙間を埋めるように詰めてあるため、ひび割れや崩れが出てくると

雨水が侵入して雨漏りしてしまうことも。

そのため、粘土瓦そのものは30年以上の耐久力があると言われていますが

瓦を支える漆喰部分を健康に保つためにも、定期的なメンテナンスが大切になります。

 

この度は合田瓦葺店をご用命いただき誠にありがとうございました。

大阪で屋根修理・雨漏り修理をお考えの方は、ぜひ職人直営の合田瓦葺店にご相談ください!