貝塚市海塚にて谷入れ替え工事

貝塚市海塚にて谷入れ替え工事

先日、貝塚市にて行なった谷入れ替え工事の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

 

線路沿いなので、電車がよく見えます^^

 

まず、屋根面と屋根面のつなぎ目部分で、水が溜まりやすい部分を「谷」といいます。

「谷板」とは、この谷の部分で屋根から水を流すために使用される部分のことです。

屋根の上にあるため普段はなかなか目にする機会がありませんが、

雨から家を守る非常に重要な部分でもあります。

谷部は雨水が2方向から流れてくる場所なので、その分水量が多くなります。

水量が多くなることで水圧も増すため雨水が染み込みやすく、最も水量が増える軒先では

水が溢れてしまう可能性もありながら、屋根の上にあるため目視での点検もままなりません。

したがって、雨漏りの原因になりやすいのです。

谷板入れ替えの工事は次のような手順で行います。

1.谷板周辺の瓦を取り外し、付いている谷板金を取り除く
2.新しく谷板を取り付ける部分に防水シート(ルーフィング)を取り付ける
3.ステンレスやガルバリウム鋼板でできた新しい谷板金を取り付ける
4.周囲の瓦を葺き直して施工完了

瓦屋根の場合は部分的な工事が可能なため、

通常であれば1日~3日ほどで入れ替え工事が完了します。

谷板がある屋根の方は、雨が多くなる梅雨や台風の季節の前に点検をされることで、

雨漏りのリスクを大幅に減らすことが可能になります。

 

この度は合田瓦葺店をご用命いただき誠にありがとうございました。

大阪で屋根修理・雨漏り修理をお考えの方は、ぜひ職人直営の合田瓦葺店にご相談ください!