斑鳩町興留にて新築屋根設置

斑鳩町興留にて新築屋根設置

先日、斑鳩町興留にて行った新築の屋根設置工事の様子をお届けいたします。

 

<施工の様子>

 

 

まず、屋根の土台となる下地板を設置し、その上に防水シートを張ります。

防水シートは屋根材の下から屋内に雨水が侵入しないようにする、二次防水としての機能を果たしているもの。

決して目立つ存在ではありませんが、屋根にとっては大きな存在となり大事な役割を持っているため、

丁寧に貼り詰めていきます。

 

続いて、防水シートの上から桟木(瓦を引掛けるために屋根に設置する細長い材料)を設置し、

屋根材を葺いていきます。この屋根材を一枚一枚重ねていき、屋根の完成となります。

普段目にしないところで、お家を守るための工夫がされてあるのは屋根も同じです。

素材一つ一つに大きな役割があり、お家を支えているというのは当然のことかもしれませんが、興味深いですね。

 

引き続き、作業の様子をお届けいたします。