和歌山市磯ノ浦にて 屋根葺き替え工事

和歌山市磯ノ浦にて 屋根葺き替え工事

先日より、和歌山市磯ノ浦にて屋根葺き替え工事を行っております。

 

<施工の様子>

まずは既存の瓦をめくり、その上から新しいルーフィング(防水シート)を貼ります。

 

<新規屋根材設置>

新規屋根材には、近年屋根材として非常に人気の高いケイミュー社が販売するルーガ(ROOGAを使用。

 

今回使用したルーガは、ハイブリット瓦などとも呼ばれる屋根材で

簡単に言うと、従来の日本瓦の弱点を解消した屋根材。

日本国内で古くから使用されている『瓦』は、重厚感のある日本建築には欠かせない

屋根材ではありますが、非常に重いというデメリットを持っています。

屋根材の重量が重い場合には、当然ですが屋根全体が重くなっています。

そして、屋根が重いと建物の重心が高くなってしまうため

地震などで建物が横に揺れた際、倒壊のリスクが非常に高くなるのです。

そのため、近年の屋根工事業界では軽量な屋根材の人気が高くなっており、

スレート系の屋根材やガルバリウム鋼板などの金属系屋根材の人気が

急速に伸びているというわけですね。

引き続き、作業の様子をお届けします。