泉佐野市羽倉崎にて 倉庫 シングル葺き

泉佐野市羽倉崎にて 倉庫 シングル葺き

先日、泉佐野市羽倉崎にて倉庫のシングル葺きを施工いたしました。

シングル葺きとは、薄い板を並べる屋根の仕上げの工法です。

最も基本的な工法のため、比較的メンテナンスが容易にできることが特徴。

 

 

 

軒先の水切りと、垂木の上から12ミリ合板を取り付けます。

 

 

次に、防水シート、胴縁、板金を取り付けます。

 

 

 

屋根材を張り、完成です。

 

シングル葺きの屋根の耐用年数は、およそ20年ほどだといわれています。

劣化すると塗装された砂がはがれ、ガラス繊維がむき出しの状態に。

では剥がれた塗装はどこに行くのかというと、多くは水切りにたまります。

これは水切りが詰まる原因にもなってしまいます。

そのため定期的に点検やメンテナンスをし、

劣化の状況によっては交換する必要があることを忘れてはいけません。

 

引き続き、作業の様子をお届けします。