堺市浜寺石津町にて 棟積み替え・のし瓦積み替え

堺市浜寺石津町にて 棟積み替え・のし瓦積み替え

先日、堺市浜寺石津町にて棟積み替え・のし瓦積み替え修理を行いました。

 

棟瓦(むねがわら)とは…

屋根の最上部にあたる瓦と瓦が交わる箇所にある、のし瓦を積んだ部分のこと。

地震で崩れやすく、また雨漏りもしやすい個所です。

棟瓦の積み替え工事では、崩れたり割れたりした棟瓦を新しく積み替えます。

棟を解体し、なんばん・しっくい工事をして、必要な瓦は新しいものに交換し、あらためて棟を積みます。

 

熨斗瓦(のしがわら)とは…

屋根の頂上部分に設置する短冊状の瓦のこと。

瓦の継ぎ目から雨水が浸入しやすいため、そこに漆喰等を塗り込みながら防水加工を施し、

数段に積み上げて施工します。段数が多いほど屋根下地への雨水の浸入を防ぐことが可能。

のし瓦の上に積むカマボコ型の冠瓦と合わせ、棟瓦と呼びます。

 

<施工の様子>

 

棟瓦を撤去し、積み替えをします。

 

棟瓦の最大の役割は雨漏りの防止です。
瓦屋根の頂上部である棟は、屋根の結合部分のため雨の影響を受けやすくなっています。
棟瓦を施工することで、棟に降ってきた雨を受け流し、棟の下地に雨が侵入することを防いでいるのです。
また、のし瓦の間にある漆喰が劣化して剥がれてしまうと、のし瓦がズレてしまったり
劣化した漆喰の隙間から雨水が侵入して雨漏りの原因に。
棟瓦の劣化を放置してしまうと、容易に雨漏りを引き起こしてしまいます。
更に下地まで腐食してしまうと屋根自体の交換が必要になるため、高額な工事費用が発生してしまうのです。
はやめのメンテナンスをしてあげることが、大事なお住いの寿命を長持ちさせる秘訣ですね。
この度は合田瓦葺店をご用命いただき、誠にありがとうございました。
大阪近郊で屋根修理・雨漏り修理をご検討の方は、合田瓦葺店に是非ご相談くださいませ。